バッグを同じ肩にかける癖を治そう

斜め掛けのバッグや紐の長い肩掛けバッグ。
ついつい、いつもバッグを同じ肩にかける癖、ありませんか?

実はこの癖、体にはとても良くないのです。

いつもバッグを同じ肩ばかりにかけていると、バッグの重みで体が片方に傾いていってしまいます。
また、肩を上げないとヒモがずり落ちそうになるので、片方の肩を無意識に上げてしまうというようなことも起こります。
この時、全身のバランスを保つために、肩と同時に腰にも負担がかかることになります。

一般的に、多くの人が無意識のうちにバッグは右肩か左肩のどちらか決まったほうにかけているために身体のバランスが悪くなってしまっているのです。
身体に負担をかけず、キレイな姿勢を保つためには、バッグを持つときは意識的に左右の肩、交互ににかけ替えるようにするのが効果的です。
慣れない方の肩にかけると最初は違和感があって嫌かもしれませんが、身体のバランスが戻るにつれ徐々に平気になってくるはずです。
片方の肩ばかりに負担を与えないようにするためには、両肩に均等に負荷がかかるリュックもおすすめです。

また、肩だけではなく、手に荷物を下げているときも同じく、できれば左右で持ち替えるようにしましょう。
常に左右のバランスの意識をするように心がけましょう。