未分類

tg0010012689m

妊娠・出産を経験した女性の多くは『尿もれ』を経験します。

妊娠中は子宮がお腹の赤ちゃんプラス羊水の重さで、膀胱や尿道に圧力をかけてしまうため尿もれをすることがあります。

つわりで吐いた時や、起き上がろうとした時、咳・くしゃみをした時、ストレッチや身体を動かした時、重いものを持った時などに『尿もれしてしまった…』と驚いたのでは?

実は出産後も尿もれになりやすい…ということを知っていますか?
知らない方も多いかも知れませんね。

出産後の尿もれの原因は、骨盤底の筋肉に負担がかかるため緩んでしまいます。

それ以外に、加齢による骨盤底筋肉の衰え、肥満、便秘、無理な排出、デスクワークが多いなども尿もれの原因になります。

骨盤底筋肉が衰えると腰痛・肩こり・体型の崩れにも影響を与えます。

骨盤底筋肉は体操・エクササイズ・トレーニング・ヨガで鍛えることが出来ます。

この筋肉鍛えることで尿もれの予防・改善の効果が期待でますし、ヒップアップやウエスト周りがスッキリする、背筋が伸びて姿勢がよくなるという効果も得られるようです。

簡単なエクササイズもありますので、ぜひ試してみてください。

普段の姿勢も頭から足の先までまっすぐになるように意識すると骨盤底筋肉を鍛えることが出来ます。

カラダの中心に位置する骨盤。
骨盤がゆがんでしまうと、全身に悪影響を及ぼします。
また、美しいプロポーションを維持するには骨盤のゆがみはNGなのです。

骨盤が歪んでしまうと、インナーマッスルが低下し新陳代謝の機能が低下します。
姿勢は悪くなり、体のラインもたるんでいきます。
肩こりや腰痛の原因にもなりますし、便秘、太りやすい体に…。

ダイエットしてもなかなか痩せない…、体重は増えてないけどお腹がポッコリ出てきた…、下半身がむくみやすい…と思い当たる人は骨盤が歪んでいるかもしれません。

骨盤矯正サロンに行く時間がなくても、自分で手軽に出来るストレッチや体操をはじめてみてはいかかでしょうか?
ストレッチする女性
私もやっていたのですが、骨盤枕を腰の下に入れて5分寝転がるだけのストレッチ。
この時に両足の親指同士を付けておくことと、腕を上に伸ばして両指の親指をつけて伸ばすだけなのです。
市販の骨盤枕を利用するのも良いですが、自宅にあるバスタオルを活用して手作りの骨盤枕を作ることが出来ます。
作り方はとても簡単。
バスタオル2枚を腰幅にしてくるくる巻いて両サイドを紐で結んで固定します。

テレビを見ながらでも出来ちゃう、お手軽なストレッチです

心を落ち着かせることや痩せ身に効果があるといわれているヨガやピラティスは女性の間で流行っています。自治体が組んでいる講座でも人気を集め、毎年欠かせない講座となっているようです。講座の受講生の年代は、10代から上は70代までと幅広いようです。男女率では女性が圧倒的に多いです。月謝は、自治体の講座では無料で8回受講できるもの、リビング新聞に掲載されているような民間の講座も8回1万円程度で受講できます。気になる方には一度試してほしいと思います。

 

実際に何に効くのか、なんで人気があるのかは、試してみるとわかります。姿勢を正し、深い呼吸でゆっくりとした動作を身につけることで、日常生活の中で知らないうちについてしまった骨盤のずれを少しずつ正しい位置に戻していきます。骨盤の乱れが直ることで痩せやすくなることはお医者さんも証明しています。

 

ピラティスは、少し運動量が多くなりますが、その分効果は高まります。部分的に鍛えることも可能です。鍛えたい部分、矯正した後の理想の体を意識し頭に描きながら体を動かすと更に効果が高まります。精神と肉体がいかに連携しているものかを感じることができるでしょう。それぞれの特徴を生かして、理想の体を手に入れてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の歪みはスタイルを悪く見せてしまうことはもちろんですが、健康にも悪い影響が出てしまうものです。

それゆえに歪みはしっかり矯正できるよう、日頃から努力していきたいものです。

姿勢を正しくすることはとても大事ですので、意識して良い姿勢になるようにしたいですし、ヨガやストレッチなども取り入れていくのがおすすめです。

そして手軽に体の歪みが矯正できるグッズも役立てていきましょう。

少し前からストレッチポールの人気が高まっていますが、こちらはポールの上に横になるだけでも背中を矯正できる効果がありますので、普段デスクワークなどで前かがみの姿勢が多い人にもおすすめです。

最初は痛みがある場合もありますが、そういった場合はハーフタイプから慣らしていくのもおすすめです。

それから体の歪みを矯正するのに役立つインナーなどもあり、それなら毎日身につけておくだけで簡単です。

背中を矯正するブラジャーもありますし、下半身の場合はガードルなどもあります。さらに腰のあたりにつけるベルトなどもあり、これらは身につけておくだけで特別な作業もなく体の歪みに対応してくれます。

さらに腰にあてるクッションなどにも良いものがあり、これも座ったまま利用できますので上手に活用したいものです。

 

 

 

人間の体の中で一番重要な役目を担っているのが骨盤です。
その骨盤が歪むと、人間の体は連鎖反応を起こして次々に歪みを起こしていきます。
そのため、カイロプラクティックでは骨盤の位置を正常に戻すことで、体の歪みを根本的に改善していこうとします。

 

ただ、一度施術しただけではすぐに骨盤は今までの位置へと戻ってしまいます。
そのひとつの原因としては普段の姿勢です。
どれだけカイロプラクティックで骨盤を正しく治したとしても、普段の姿勢が悪ければすぐに元へ戻ってしまいます。
もうひとつの原因は筋肉の収縮です。
もともと骨盤が歪んでいた状態だと、それに伴って筋肉もひっぱられたりするため緊張した状態が続いています。
するとせっかく治した骨盤も、また緊張した筋肉にひっぱられて元に戻ってしまうのです。

 

それを阻止するためには、今度は整体で筋肉をゆるめてあげる必要があります。
全身の筋肉をゆるめてあげることで関節の可動範囲も広がり、人間の体はスムーズに動くようになります。
その結果骨盤をはじめとした骨格も正常な位置で働くことができ、体の歪みは改善されていくのです。
しかしこれらはしばらく続けなければ意味はありません。
定期的にカロプラクティックなどに通うとともに、普段の姿勢を見直していくことも必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットは一人では長続きさせる事が難しいです。なぜならやる気を持続させる事が大変だからです。ですが最近のダイエットグッズはやる気を無くす事無く、楽しく続ける事が出来る物が増えてきています。

 
例えば自宅でエクササイズしたい時に便利なのが、DVDを見ながら動きを真似するだけでダイエットが出来るアイテムです。今まではインストラクターの先生がいなければ出来なかった運動を、自宅で手軽に出来るようにしたこのアイテムは、本職のインストラクターやダンサーなど、色んな職業の人が色んなタイプのDVDを出しているので、自分に合ったアイテムを見つけ出すのも楽しいですので、色々と試してみましょう。

 
自宅で行う運動なら自分のペースで出来ますし、深夜だろうが早朝だろうが時間を気にせずに行う事が出来るので便利です。あまり大きな音をたて過ぎると近所迷惑になってしまいますが、大きく体を動かして健康的な良い汗をかきましょう。

 
この方法ならDVDの中の先生が励ましてくれますし、自宅に友達を呼んで一緒にやる事も出来るので、やる気を持続させる事が出来ます。今の世の中便利なアイテムが沢山あるので、楽しみながら運動が出来るアイテムを探してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

人間にとって正しい姿勢とは、背骨が穏やかなS字カーブを描いている状態のことです。
横から見た場合、首の部分は軽く前に湾曲し、続いて背中部分は後ろに湾曲し、腰の部分が再び前側に湾曲するようになっています。
しかし現代の日本において、このきれいな湾曲を描いた姿勢を保つのはかなり難しい状態になります。
例えばパソコンをずっとしている人はずっと下を向いているため、首の湾曲がなくなって真っ直ぐになり、背中の湾曲も激しくなり猫背になる場合が多いです。
パソコン作業をしなくとも猫背にはなりやすいですが、猫背になると今度はお腹が突き出るようになり腰の湾曲もひどくなり、腰痛へとつながっていきます。
体の一部分のバランスが崩れただけで、その影響は体全体へと広がっていってしまうのです。

理想の姿勢の作り方は、まずはあごを軽くひいて背筋をのばします。
それと同時にお腹が前につきでなように腹筋に力をいれてお尻をひきしめます。
この状態で鏡を見てください。
とてもきれいにまっすぐ立っているはずです。
しかし普段からこのような姿勢をしていないと、これを保つにはかなり疲れるはずです。
最初はとりあえず背筋を伸ばすことを意識することから始めましょう。
それと同時に足を組んだり頬づえをついたりといった、日常の悪い癖を少しずつ直していくことが重要です。
どうしても仕事で前かがみの姿勢などになってしまう人は、1時間に一回くらい背筋を伸ばしたり胸を開いたり、簡単な体操を上手に取り入れていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

dakko250女性にとって出産は大きな喜びです。
妊娠時の苦労や痛みを乗り越えて生まれてきたわが子を抱くときの喜びは、何にも代えがたいものです。
しかし落ち着いてから改めて鏡を見ると、そこには直視したくなくなる産後体系の自分が写ります。
運動などで体系を整えたくても、育児に追われてそんな時間は取れません。
育児をしながら元の体型に戻す裏技を紹介しましょう。

結婚式の時にウェディングドレスを着た方は多いと思います。
その際に、ドレスはレンタルしましたが下着は実際に肌に触れるものだからと買わされませんでしたか?
ドレスを着た方なら持っているであろうドレスファンデーションが、産後にとても役に立つのです。

ドレスファンデーションはコルセットのような形をした布の下着です。
背中に8つほどのホックがついており、ウエストに綺麗なくびれを作ることができます。
このホック、ブラジャーなどと同じように3段できつさを調節できるタイプが多いため、まず一番ゆるいホックで一日2時間程度着用します。
そこから時間を長くしていき、慣れてきたらホックを一段階ずつきつくしていきます。
もちろん無理はせずに気持ち悪くなるようならすぐに外します。

結婚式後はタンスで眠るしかないドレスファンデーション。
こんなところで再活躍させてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜め掛けのバッグや紐の長い肩掛けバッグ。
ついつい、いつもバッグを同じ肩にかける癖、ありませんか?

実はこの癖、体にはとても良くないのです。

いつもバッグを同じ肩ばかりにかけていると、バッグの重みで体が片方に傾いていってしまいます。
また、肩を上げないとヒモがずり落ちそうになるので、片方の肩を無意識に上げてしまうというようなことも起こります。
この時、全身のバランスを保つために、肩と同時に腰にも負担がかかることになります。

一般的に、多くの人が無意識のうちにバッグは右肩か左肩のどちらか決まったほうにかけているために身体のバランスが悪くなってしまっているのです。
身体に負担をかけず、キレイな姿勢を保つためには、バッグを持つときは意識的に左右の肩、交互ににかけ替えるようにするのが効果的です。
慣れない方の肩にかけると最初は違和感があって嫌かもしれませんが、身体のバランスが戻るにつれ徐々に平気になってくるはずです。
片方の肩ばかりに負担を与えないようにするためには、両肩に均等に負荷がかかるリュックもおすすめです。

また、肩だけではなく、手に荷物を下げているときも同じく、できれば左右で持ち替えるようにしましょう。
常に左右のバランスの意識をするように心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康や美容を追及している人は少なくありません。女性であれ男性であれ、性格などの人格的なない面だけでなく、外から見える外見を綺麗に整えようとするのは、社会で生活する上で当然のことであり、一般的な身だしなみというものは、なくてはならないものとなっています。そのような中で、化粧や服装などで身を飾ろうとするのも大事ですが、基本的には姿勢やスタイルが良い場合は、どのような服でもある程度までは美しく見えるというのも、人間の不思議なところでしょう。その大事な姿勢を崩していしまうのが、脚を組んで座るという事です。

 

人間のスタイルを整えている根本は、その人の骨格という事になります。つまり、骨格がずれてしまうと、姿勢が崩れやすくなってしまい、スタイルも汚く見えてしまいます。特に、体というものは、左右対称になっていれば、とても美しく見えやすいために、背骨が不自然に曲がってしまうと、体のシルエットもゆがんで見えてしまいます。脚を組む事によって、腰から下の骨格が左右非対称になりやすく、場合によっては、がにまたなどにもなってしまいます。それゆえに、できるだけイスに座る時は、脚を組まないで座った方が、スタイルを維持するにはよいと言えるでしょう。