簡単に出来る歪みチェック

姿勢が悪いなどの原因は体の歪みが関係しており、普段の歩き方の姿勢も悪くなっていき腰痛を起こしやすい姿勢になっていきます。この状態が進行していくと股関節が痛くなったり、膝が痛くなったり体のいたるところに悪い症状が発症していき、体の体調にも影響が出てきます。体調面での症状には背骨が歪むとひどい肩こりに悩まされ、不眠症にもつながり放置をしてはいけない問題です。その為この様な体が歪んだ状態をチックをして対処することが大事となり、簡単に発見をして対応することが大事です。

 

まずチェックの方法は仰向けの状態になり、足を少し広げて腰を左右に揺らし、その状態で足首の動きを止めます。その時のつま先の角度が左右対称でない場合は体が歪んでいます。その他は仰向けになり膝を抱えた体勢になり膝の先の位置を確認します。この時に膝頭の位置がずれているとだめな状態です。体がこの様な状態だと体の姿勢がアンバランス型や反り型、お腹突き出し方のような形の姿勢になってしまい体のあちこちに様々なトラブルを起こしますのでチェックが必要です。また体のバランスが崩れている時にはこの様な状態を治す、体操やストレッチを行いバランスの改善を行うことが必要です。