脚を組んで座るのがNGな訳

健康や美容を追及している人は少なくありません。女性であれ男性であれ、性格などの人格的なない面だけでなく、外から見える外見を綺麗に整えようとするのは、社会で生活する上で当然のことであり、一般的な身だしなみというものは、なくてはならないものとなっています。そのような中で、化粧や服装などで身を飾ろうとするのも大事ですが、基本的には姿勢やスタイルが良い場合は、どのような服でもある程度までは美しく見えるというのも、人間の不思議なところでしょう。その大事な姿勢を崩していしまうのが、脚を組んで座るという事です。

 

人間のスタイルを整えている根本は、その人の骨格という事になります。つまり、骨格がずれてしまうと、姿勢が崩れやすくなってしまい、スタイルも汚く見えてしまいます。特に、体というものは、左右対称になっていれば、とても美しく見えやすいために、背骨が不自然に曲がってしまうと、体のシルエットもゆがんで見えてしまいます。脚を組む事によって、腰から下の骨格が左右非対称になりやすく、場合によっては、がにまたなどにもなってしまいます。それゆえに、できるだけイスに座る時は、脚を組まないで座った方が、スタイルを維持するにはよいと言えるでしょう。