骨盤の歪みが原因?尿もれ

tg0010012689m

妊娠・出産を経験した女性の多くは『尿もれ』を経験します。

妊娠中は子宮がお腹の赤ちゃんプラス羊水の重さで、膀胱や尿道に圧力をかけてしまうため尿もれをすることがあります。

つわりで吐いた時や、起き上がろうとした時、咳・くしゃみをした時、ストレッチや身体を動かした時、重いものを持った時などに『尿もれしてしまった…』と驚いたのでは?

実は出産後も尿もれになりやすい…ということを知っていますか?
知らない方も多いかも知れませんね。

出産後の尿もれの原因は、骨盤底の筋肉に負担がかかるため緩んでしまいます。

それ以外に、加齢による骨盤底筋肉の衰え、肥満、便秘、無理な排出、デスクワークが多いなども尿もれの原因になります。

骨盤底筋肉が衰えると腰痛・肩こり・体型の崩れにも影響を与えます。

骨盤底筋肉は体操・エクササイズ・トレーニング・ヨガで鍛えることが出来ます。

この筋肉鍛えることで尿もれの予防・改善の効果が期待でますし、ヒップアップやウエスト周りがスッキリする、背筋が伸びて姿勢がよくなるという効果も得られるようです。

簡単なエクササイズもありますので、ぜひ試してみてください。

普段の姿勢も頭から足の先までまっすぐになるように意識すると骨盤底筋肉を鍛えることが出来ます。